本文へ移動

沿革

沿革

内容
1954年(S29)
創業
1967年(S42) 2月 高知県下旧5営業所を合併、高知ヤクルト株式会社(本社:須崎市、資本金1000万円)を設立
瓶詰処理工場(高知市)と営業部門の県下統一販売を開始
1968年(S43) 安芸・須崎・中村営業所を開設
1970年(S45) 6月 プラスチック容器の採用により西四国工場を開設(松山市)、高知瓶詰処理工場を閉鎖
1971年(S46) 化粧品事業の導入
1972年(S47) 社名を「高知ヤクルト販売株式会社」(本社:高知市知寄町1-4-8)に変更
1974年(S49) 10月 高知ヤクルトハウジング株式会社設立(ハウジング事業)
1977年(S52) 須崎営業所を購入(土地・333.39平方メートル/建物:鉄骨2階建337.35平方メートル)
1982年(S57) 1月 経営改革(新経営陣によるスタート)(ハウジング事業を吸収)
1983年(S58) この年以降、労働環境の整備、出先拠点の改装、新築等を促進する
1984年(S59) 保養施設「考える村」を開設(芸西村)・城西センター(高知市越前町)の取得
1985年(S60) 朝倉センター新築
1986年(S61) 一宮センター開設
1987年(S62) 6月 本社物流センター新設(南国物流センター廃止)
11月 創立20周年記念事業の実施(式典:三翠園)
1988年(S63) 中央センタービル新築
1991年(H3) 城北センター新築
1993年(H5) 高須センター開設(新築)
1998年(H10) 4月 南国市に本社社屋新築(土地・3,815平方メートル/建物・鉄骨3階建1,718平方メートル)
1999年(H11) 5月 城東センター新築移転(高知市知寄町:旧本社跡地)、2階に4室の社宅併設
中村営業所用地の取得(土地・513.96平方メートル)
2000年(H12) 3月 中村営業所新築移転(建物:鉄骨2階建212.22平方メートル)、2階に2室の社宅併設
2001年(H13) 12月 薊野センター新築移転(旧一宮センター)
2003年(H15) 12月 香南センター新設
2006年(H18) 6月 資本金2000万円に増資
2007年(H19) 11月 南国センター新築
『ヤクルト地域見守り隊』スタート
2008年(H20) 10月 経営陣一新による経営改革スタート
2009年(H21) 2月 須崎営業所改装・須崎センターを営業所1Fへ移設
2010年(H22) 7月
新センター用地の取得(高知市旭町)
安芸センター移設、中村センターを中村営業所1Fへ移設
営業所の再編成を行う(東部・中部・西部の3営業所体制)
2012年(H24) 4月 高知市旭町に高知中央センターを新築、龍馬サービスセンター・あさひサービスセンターを設ける(中央・城西・西部の各センターを閉鎖)
2015年(H27) 6月 桂浜サービスセンターを新築移転
2016年(H28) 3月 五台山サービスセンターを新築移転
(高須センター、仁井田センターを統合)
2017年(H29) 4月

5月
あさくらサービスセンターを新築移転
(朝倉センター、伊野センターを統合)
チャットワークの導入
2018年(H30)
1月

4月

11月
営業所の再編成(東部・中部東・中部西・西部の4営業所体制)
ヤクルトこうち保育園 開園
嘱託社員から専任社員へ呼称・規程変更 
西部営業所(須崎) 内外装リフォーム
2019年(H31)
4月

10月
携帯端末の導入
新人事制度(等級・評価・賃金)の見直し
WING活動スタート
2020年(R2)
10月
佐川サービスセンターを新築移転
2021年(R3)
1月
営業所の再編成を行う(東部・中部・西部の3営業所体制)
高知ヤクルト販売株式会社
〒783-0007
高知県南国市明見928番地
TEL.088-863-8960
FAX.088-863-8060
1
2
6
4
6
2
TOPへ戻る